キャッシング、カードローンサービスは消費者金融と銀行で利用することができます。消費者金融は審査にかかる時間が短い、審査に通りやすいことが多いなどのメリットが挙げられているそうですが、このメリットはどうして生まれているのかをご存知ですか?


消費者金融の審査がスピーディーな理由

銀行と比べると、カードローン審査にかかる時間は、消費者金融のほうが短いと言われています。これは銀行には保証会社が存在することが理由として考えられているそうです。消費者金融はお金を貸すことを専門に扱うので、監視のような行為を行う会社が存在しません。その分だけ、審査などをスピードの面では素早く対応ができると考えられているそうです。銀行では時間がかかる、審査に厳しい条件があるという反面、それだけ利息を安く貸すことができると言われているそうです。


近くにあること、利用しやすい条件を考えよう

消費者金融や銀行でキャッシング、カードローンのサービスをより使いやすくするためには、自分の家や仕事場、よく利用する駅の近くにその会社のATMがあるかどうか、手数料などがかからないかどうか、利息は安いかなど、使いやすさと、かかる負担を比較して、利用しやすいところを選ぶようにしましょう。見落としがちですが、返済日とお給料日のバランスなどもチェックするといいそうです。

いざ借りようと思ったとき、たくさんある消費者金融の中からどうやって選びますか?迷ったら、インターネットの比較サイトを利用してみるといいでしょう。金利や申し込み方法、返済方法など、検討したいポイントはたくさんありますが、その中でも重要なものをチェックしておきましょう。


<登録番号を確認しよう>

消費者金融の業者は知事や財務局に届け出をして、登録番号をもらうことが法律で定められています。まずは、登録番号を持っている業者であるかを確認しておきましょう。テレビや広告で見かけるようなところなら、まず大丈夫です。登録番号の表示がなかったり、番号を聞いても教えてもらえないようなところは避けましょう。ヤミ金の場合もあります。


<申し込み方法とスピードをチェック>

お金を借りるときはすぐに借りたいもの。手続きをして問題がなければすぐに借りられるかどうかは重要です。何時までに手続きすれば即日で借りられるか、パソコンやスマホで手続きができるかどうかも確認しましょう。インターネットで手続きがすむ消費者金融の方が気楽です。


<返済しやすさも考えておこう>

お金を借りるときは金利や審査のことは考えても、返済にはなかなか気が回りません。でも、必ず返済しないといけないのですから、返済しやすさは見逃せないポイントです。コンビニのATMなどでいつでも返済できるかどうか、手数料は必要かなどを確認しておきましょう。


<比較サイト>

消費者金融のカードローンなどのコマーシャルを見たことがあるかと思います。看板なども街に多く設置されていますが、銀行との違い、消費者金融のルールを知っていますか?実は消費者金融に関する法律は、平成18年に改正されているのです。私たち利用者にも関係の深いものをご紹介します。


貸金業法という法律が守っている

私たち利用者、消費者金融会社を守っている法律が、貸金業法です。貸金業法は平成18年に改正、22年に完全施行され、現在は新しく改正された法律を、どの会社であっても消費者金融は守らなくてはいけません。改正でかわったことは、年収によって借りることができる金額に上限ができたこと、融資の金額によって、収入証明書の提出が義務化されたことにあります。年収による上限は、総量規制という規制になっていますが、おまとめローンなど金額が大きくなることが最初から分かっているローンに関しては一部、規制から外されているものもあります。


収入証明書の提出義務が生じる金額

次に、収入証明書の提出義務です。これは融資の金額が一社から50万円を超える場合、複数の会社をあわせて、融資の合計金額が100万円を超える場合に収入証明書提出の義務が生じます。これは年収などに関係なく、利用する場合には必ず提出しなくはいけないものです。ただし、これはあくまで上限となりますから、もっと低い金額でも、提出を求められることもあります。

もしも今お金に困っていてすぐにでも融資を受けたいのでしたら、消費者金融に相談してみましょう。消費者金融ならば、素早い審査で最短即日融資を受けることが出来ます。


消費者金融の即日融資

最近では、インターネットが普及して通信のスピードが格段に速くなりました。それを利用して、消費者金融では、多くの人が同時に審査を受けられるようになったので、審査のスピードがとても速くなっています。早いところでは、わずか10秒足らずで借り審査を終わらせ、30分ほどで契約まで済ませることが出来ます。そのため、銀行が営業している時間内であれば、数時間後には現金を手にすることができます。なるべく早くにお金が必要という人にとって、即日融資ほど心強いことはありません。ネットで検索を行うと即日融資のキャッシングを比較できるサイトも多くヒットしますので参考に。


もしもの時に役立つキャッシング

事故や病気など、人間にはいつどんなことが起こるかわかりません。しかしそれに対する備えというのは、なかなか十分に済ませておくことは難しいです。しかし、消費者金融のキャッシングカードを持っておけば、急にお金が必要になった時でも対応することが出来るのです。いつでもまとまった金額の融資を受けることが出来るので、大抵のことには困らずに対処することが出来ます。

カードローンを取り扱う金融機関には銀行や消費者金融などがありますが、利用に関する点でそれらに何か大きな違いがあるのかと言うと決してそこまでの大差はありません。しかし、申込や審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が早くて楽だと言えます。審査にかかる手間を極力省きたいと思っている方なら断然消費者金融がおすすめです。


その日のうちに借りたいなら消費者金融で

まず、消費者金融は即日融資が可能なところがほとんどです。審査にかかる時間も長くて1時間程度ですし、必要な書類も身分証くらいです。借りる額が多い場合には収入証明書が必要なこともありますが、給与明細などでも対応してくれますので前もって準備が必要になるということもありません。わざわざ店舗に行く必要もないので非常に手続きも簡単に済ませることができます。


より確実に融資を受けたいのなら

そして総合的に見て、銀行よりもカードローン審査に通りやすい傾向にある様です。特にテレビなどで大量にコマーシャルを流しているところはそれだけ顧客を必要としているので、審査もゆるくなります。総量規制によって借りられる額は制限されていますが、確実に借りてなおかつ無理なく返していきたいと思っているのなら消費者金融で申込をしてみてはいかがでしょうか。

金融会社を何度か利用している方は、どのような業者が良いのかなんとなく把握できているのではないでしょうか。
こんなサービスを提供してくれているからこんな人に向いている、とか自然とわかってくるものです。しかし、初めて金融会社を利用する方はどのような消費者金融があるのかわかりませんよね。どのような金融業者があるのかよく把握できていないため、闇金融に申し込んでしまう恐れもあります。そうなってしまわないようにするためには、消費者金融と闇金融の違いについてしっかり把握しておく必要があります。では、どのような違いがあるのでしょうか。この二つを見分ける方法としては、届出番号を確認する必要があります。貸金業を行うにあたり、必ず財務局へ申請し登録を行なう必要があります。登録番号がきちんと公式サイトに記載されていれば闇金融ではないかと言えば、そうではありません。最近の闇金融も偽の登録番号を表示している事が多くなっています。ですから、その金融業者名をネット検索してしまう方が確実かもしれません。もしかしたら、以前誤って利用してしまった方々の情報が集まって情報が出てくるかもしれません。


消費者金融は法律をしっかり守っている

この二つの大きな違いは、金利や審査の仕方にもあります。
通常、消費者金融の場合は最高でも20%までしかあげてはいけないという決まりになっていますので、それ以上上がることはありません。一方、闇金融の場合は少額借入だったとしてもやけに金利が低すぎる、または高すぎるというケースがあります。金利があまりにも安いからと言って申し込んでしまうと、大変なことになってしまいます。
そして、消費者金融の審査は甘くもなく厳しく男女平等に行ないます。信用情報に何か問題があればマイナス評価に繋がって、スコアリング方式での評価に影響してきます。過去に金融事故などを起こしている場合は審査に落ちる方式です。それに比べて闇金融は、ブラックOKとか激甘審査などという謳い文句をアピールしていることが多いです。


電柱にある広告は闇金融と思って良い

きちんとした金融業者であれば、インターネットやテレビのCMで放送されることが多いです。
消費者金融は、公式サイトを立ち上げカードローンやキャッシングの借入・返済・金利・店舗などについてより詳しい情報が提供されています。利用者の不安を少しでも取り除くためにも、分かりやすい文章で説明してくれています。
街を歩いていて電柱に貼られている広告を目にしたことのある方も居るでしょう。お金を貸します、など書かれているその貼り紙のほとんどが闇金融だと判断しても良いです。その広告に記載されている電話番号が「090」から始まる番号だったら闇金融です。貸金業に登録するためには、固定電話を設置することが条件になっています。ですから、「090」から始まる電話番号はあり得ない事なのです。記載してある電話番号も繋がらなくなってしまう可能性が高いですし、事務所もないので逃げられてしまう可能性もまた高いのです。

消費者金融に触れたことの無い人。
今までお金の借り入れを経験したことのない人がいきなりお金を借りるのはあまりにも危険です。
前もってしっかりと情報を集めておいて、頭の中にたくさん知識をためこむことが大切になります。
そしてその知識を糧として、頭をお金の借り入れに回すことができれば、それがベストです。
今までお金の借り入れについて考えても来なかった人がいきなり消費者金融を利用してお金を借りるなんてことになったとしたら、その目論見は必ず失敗に終わります。
失敗しない借り入れのためにも前持った情報収集と意識改革を。
お金の借り入れについて知識が増えていけば自ずと返済についても頭が回るはずです。
余念なくお金を借りて、満足いく自分なりの資金運用のあと、しっかりと借りたお金を返済できれば、きっとあなたの未来は明るいでしょう。


消費者金融の存在を身近に感じる

消費者金融をこれから利用しようって人はまず、お金の借り入れをするのにあたって思考の方向性を消費者金融側に向けることが必要になります。
以前よりテレビコマーシャルや、広告などでその存在は以前よりずっと身近になったものの、まだまだお金を借りるというのは気が引けてしまうもの。
しっかりと気分を消費者金融に向けて、知識を蓄えた状態でお金を借り入れましょう。
返済のことも忘れてはいけません。
問題はどれだけ前もって行動を起こしておけるかということです。
何事もそうですが、勇んで考えなしに行動を起こすのは失敗に直結してしまいます。
行動を起こす前に知識を集めて、行動のための準備をたくさんしておいて、そしてできればもし失敗してしまったとしてもその備え、リスクに備えておくという事。
これが大切になります。


知識を集めるためには

消費者金融以外においてもそうですが、何かの知識が欲しいと思ったら、その分野に対して興味を持つことが前提条件になります。
興味が無いとまず調べてみようという気すらならないでしょう。
興味が知識を呼んで、その知識に元図いてもっと深く考えることができ、そしてさらにそこから行動を起こすきっかけを得ることができるのです。
行動を起こしてそこで得た経験、知識でさらに奥深くまで考える手立てを得ることもできるでしょうが、まずは知識です。
それぞれ消費者金融ごとに違った特徴を持っていることに対して、お金を借りる、そして返済するということに対して多少なりとも面白味を感じることができるでしょうか?

消費者金融は先のグレーゾーン撤廃やそれに続く過払い金返還請求の嵐、また総量規制などで存続に追い込まれ、中小の消費者金融はもとより大手でも廃業を余儀なくされた業者は数多く見られました。その状況も落ち着いてきたのが現在ですが、やはりかなりの数の中小消費者金融は淘汰されてしまいました。その中で過払い金返還請求にも誠実に応じてきた業者は残ってゆきました。その時期に大手と中小との特徴というものも、確立してゆきました。


<大手消費者金融の特徴>

大手の消費者金融の多くは銀行との提携を行っており、独立系自体が少なくなっています。そのため比較的貸付限度額が大型融資にも対応できるものとなっています。総量規制の法律が出来たことで「初めて借金をする人」を取り込めば、ある程度利用限度額を大きく設定しても回収のリスクは少なくなります。大手の経営方針は、「初めて利用する信用情報がスーパーホワイトである申込者を取り込み、長くお付き合いをしてゆく」ことを目指すものとなっています。増枠も早く、長くお付き合いしていれば利息の面でも優遇されるというシステムを導入しています。大きな金利によってリスクをカバーする以前の経営から、お互いが安心して付き合って行ける関係性を築く方向にシフトしています。

消費者金融は昔、危険な金融業者という様な印象を持っている人も多かったそうです。これは、貸金業法が改正される前に、違法な金利などを設定していた会社があったことなどから言われていることもあると言われているようですが、現在、ほとんどの消費者金融が銀行の傘下にあり、安全な会社となっています。


消費者金融の金利はどうなっている?

法改正後、消費者金融には利息上限法が守られた利息が適用されています。また、年間に支払う手数料などをすべて含めた金額を利息として表示する、実質年率での表示が義務づけられるなど、利用者がもっと安心して利用できるようになっています。改正前にあったグレーゾーン利息もなくなったため、上限金利から、1パーセントでも多い設定をしたら、法律違反となり、刑罰対象になります。


支払ってしまった高い利息は取り戻せる

貸金業法改正前に支払ってしまった金利も、支払い過ぎているお金に関しては返金請求を行うことができます。完済から10年以内という期限はありますが、利用明細の開示なども請求できますから、手元に当時の領収書などを保管していなくても、会社に明細の開示を請求することも可能です。専門の知識を持った弁護士などを通すとスムーズに進む傾向にあるようです。

初めて消費者金融を利用する時は不安要素が一杯、法外な利率を課せられないか、万一返済遅延が発生した場合に怖い取り立ててに合うのではないかなど、ネガティブな考えが最初に頭に浮かぶものです。しかしながら平成22年の貸金業に関する法律が設定されてからは、上限金利が引き下げられ、かつ返済遅延が発生した場合の取り立てについても厳しい規制がしかれたので、悪質な取り立て行為はなくなったと言っても過言ではありません。消費者金融側にあっても悪質な取り立てを行うと、信用失墜につながり折角取り込んだ顧客を失うことになります。


<最初は借り入れについて理解する事が大事>

消費者金融の利用に関しては、色々な解説書や消費者金融が発行している各種資料があるので参考にすると、いざお金を借りる時にあわてなくて済みます。インターネットで調査しても、申し込み方法、融資条件、返済方法など、かなり詳しく情報が載っているので情報収集が可能です。


<無理な借金は禁物です>

消費者金融からの借り入れが可能になっても、返済方法など借りた後の事を十分考慮して、返済に余裕を持たせた借り入れを行うことが肝要です。もう一つ大事なことは、初めてお金を借りる時の慎重さを、いつもでも持ち続ける事は常に控えめな借り入れに通じるのでその事を忘れないようにすることです。

消費者金融の審査について知っておきたいことがいくつかあるかと思います。
審査のスピードが最近とても早くなってきていますので、比較的にあまり時間はかからないようになっているのではないかと思います。
数秒で済ませてしまう所や最短30分ほどで済ませてしまう所もあるみたいですので、選び方は自由だと思います。
あまり時間をかけたくないのでしたら、審査スピードの早い消費者金融を選ばれるのが良いかと思いますが、条件などについて色々比べてからお決めになることをおすすめします。


消費者金融の審査は何をチェックするの?

消費者金融の審査では、個人情報と信用情報について確認されますのでしっかり記入するようにしましょう。
個人情報は名前や年齢・住所などが記載されており、信用情報には勤務先や年収などお金に関することが記載されています。
安定した収入を得ていない方や金融事故者の方・未成年者は審査に通ることが出来ませんので注意して下さいね。
余程のことが無い限りでしたら、審査に受かると思いますので安心して良いかと思います。


気を付けたいこと

消費者金融はいざという時には非常に便利で頼もしい存在ですが、だからといって利用しすぎるのはやめましょう。
普段から利用してしまいますとそれが癖になってしまうかもしれないですし、返済が出来なくなってしまうなどといった事態に陥る可能性も出てきてしまいますので、気を付けるようにしましょう。
また、ご自分の返済能力を超える金額を借入しないようにして下さいね。

初めて利用される方やこれから利用しようか考えている方は、消費者金融についてまだ疑問がいくつかあるかと思います。
例えば、どのような流れで話が進んでいくのかなど気になるところがありますよね。
最初はお申し込みをしてから審査をして融資という形になります。
お申込みに関してですが、今では窓口ではなくてインターネットからのお申込みも可能となっていますのでそちらの方が時間も省けてよろしいかと思います。


消費者金融の審査について!

消費者金融やカードローンなどを利用される際に審査が必要になります。
ここでは利用される方の情報を確認して、色々調べられますので嘘偽りの無いように入力をして下さい。
また、他社からの借入が多かった場合やブラックリストに載ってしまっている場合は審査に通らない可能性の方が高いのでもう一度よくお考えになってから審査を受けるようにしていただければと思います。


どんな方が借りているの?

やはり皆さんのイメージは、本当にお金に困って生活するのがやっとの方が借りているといったものかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。
旅行やレジャーへ出かける方が借りたり、買い物をする際に利用される方が多いようです。
イメージとは大きく違ってきてなんだか不思議な感じがしますね。

私は自分で言うのもなんだけどずっと真面目に生きてきて、絵にかいたように「親に言われたまま生きてきた女」って感じの人生だった。中学の時は親に「内申書に有利だから生徒会に入りなさい」と言われてその通りにしたし、高校も大学も志望校は親が「ここかここにしなさい」と言ったところを受験した。もちろん就職先も同じ。いや、就職先に至っては父親の縁故で関連企業に入れてもらったから自分で努力さえもしなかった分余計にダメだった。
そんな自分に疑問を抱いている時に街で声をかけられた。どう見てもホストなのは分かったけれどタイミングが良かったというか悪かったというか。ホストにハマって通うようになってしまった。


消費者金融を利用した理由

担当ホストに甘えられたりお願いされたりすると断れなくて、消費者金融でお金を借りてまで通ってシャンパンを入れ続けました。別にホストに恋をしているわけでもなんでもなく、ただヤケクソだったのだと思います。気付いたら300万の借金を抱えていました。


親を嫌いつつ依存していたと気付いた

当時の私は自分で物事を判断したことがなく、「もう大人なんだし自分で働いて稼いで遊んで何が悪いの?消費者金融がそこにあるんだから借金して何が悪いの?」と本当に幼稚なことを思っていました。しかも心のどこかで「困ったら親が立て替えてくれる」とふざけたことを思っていたのです。
実際はただ思い切り叩かれて終わりで1円も立て替えてくれませんでした。「大人なんだというならその借金は自分で返せ」と言われました。
自分の甘さと幼さを消費者金融と親によって教わりました。

初めてのキャッシングは消費者金融の商品だったという事はよくある話です。店舗が身近である事、知名度が高い事がその理由です。テレビのCMにとどまらず、電車の中吊りなどその広告を目にしない日はないと言えるくらいです。しかし、消費者金融が選ばれている理由はそれだけの理由ではありません。


身近な消費者金融

消費者金融の「身近さ」はATMや店舗が近いなどの物理的なものだけではなく、審査の通過率が高い事もその要素を強めている事柄の一つです。消費者金融の審査が、銀行系カードローンよりもあまい事はよく知られた事実です。正確にいうと「あまい」のではなく、目標とする獲得顧客層や審査構造の違いがあり、その結果審査通過度が高くなっているという事が言えます。「どこが違うのだろう」と思う方もいるかもしれませんが、「あまい、ゆるい」という言葉は利用者に怠慢なイメージを受け付ける可能性があります。


最強のメリットは審査通過度の高さ

消費者金融の審査は決して怠慢な訳ではありません。独自の審査ノウハウを生かしたものです。また、正社員などのように属性に恵まれた方意外の方にも、一定の安定した収入があれば積極的に融資を行っています。対象としている顧客層の希望借入額は100万円以下の少額である事が多く、適用される金利はそれにそったものになります。約定金利返金が高い事がしばしばデメリットとして取り上げられますが、審査通過度の高さという最強のメリットからくるものなのです。

総量規制という言葉を知っているでしょうか? 言葉自体は聞いたことがなくても、消費者金融で借りられる金額の上限が年収の3分の1までとなっているということは世間一般的にもかなり知られているかと思います。その額の規制のことを総量規制と呼びます。銀行での借入は対象外で、信販会社や消費者金融などの貸金業法を対象とした規制となっています。


消費者金融では借りられる額が決まっている

消費者金融から年収3分の1に匹敵する額を借りている場合、他の消費者金融から新たに借入をすることは不可能です。つまりどれだけ条件が良いところで借りたとしても、自ずと最高限度額は決まってくるということでもあります。クレジットカードの利用額や銀行での借入(住宅ローンやカードローンなど全て)は対象外ですが、クレジットカードのキャッシング機能を使って借入をした金額は対象となるので注意してください。


規制対象外だからこそ銀行は審査も厳しい

この様に書くと、消費者金融より銀行の方がより多く借りられると思われがちですが決してそうではありません。むしろ銀行の方が審査は厳しい場合が多く、「規制対象外=他で借入をしていても借りられる」とはなりません。今から借入をしようと考えている方はこれらを頭に入れてしっかりと吟味しましょう。

消費者金融のCMは今も昔も色々と出てきていますが、その時代によって起用されるタレントや女優さんの系統が異なっていて面白いのです。「今この会社はこういうイメージを打ち出したいのか」というのが分かりやすくて、ある意味、消費者金融選びに一番効果的なポイントかもしれません。


消費者金融のCMの歴史から考える「選び方」

例えばプロミスやモビットやレイクは若手女優や若手女性タレントを起用していて、フレッシュで爽やかでクリーンな印象を与えたいのだなと見ることが出来ますね。そして狙っている顧客層は20~30代くらいなのかな、と推測されます。
一方でアイフルは人気芸人を起用しています。これは「親しみやすさ」が狙いでしょうか?一番「この層をメインに狙いたい!」という感じがしないタイプのCM作りになっているように感じます。どんな層でも気軽に安心してきてもらいたいということでしょうか。
そしてアコムは、女性アナウンサーやベテラン女優の起用と女性の起用が続きました。爽やかさと落ち着いた雰囲気を併せもちつつ、どこかフレッシュな雰囲気も残った人を選ぶあたりに「老舗」であり「これからも進化する」というテーマでしょうか?


どう選ぶ?

やはりメインターゲットを20代~に設定している消費者金融会社は、無利息期間キャンペーンを前面に打ち出してきますし、「親しみやすさ」や「落ち着き」をアピールするところは接客や商品の質などにこだわる傾向があるように思います。

Back to top